矯正歯科で不正咬合の問題改善!歯並びを良くしよう

歯並び改善は矯正歯科で【コンプレックスをなくせる治療法】

歯並びや噛み合わせが悪い状態のこと

人の歯にも色々ありますが、歯並びが悪いことや日頃から虫歯になりやすい人などは「不正咬合」といわれる症状に当てはまっている可能性が高いです。この不正咬合は放置していると確実に悪影響を及ぼすため、早めに治療をする必要があります。歯並び矯正などは矯正歯科で治療をすることが可能です。

こんな症状がある人は要注意!もしかしたらそれは不正咬合かも?

  • 鏡を見たら歯並びが良くないと分かる
  • 普段から口臭を感じている
  • 食事で上手く食べ物を噛んだりできない
  • 喋るのが難しくたまに詰まってしまう
  • よく顎に疲れを感じてしまう
  • 虫歯などの病気にかかりやすい
  • 歯を折ることや歯に関連する怪我が多い

矯正歯科で不正咬合の問題改善!歯並びを良くしよう

治療器具

基本的にはマウスピースで歯並び矯正

北九州には歯並び矯正をする矯正歯科がありますが、そこで歯のコンプレックスを治す治療をすることができます。矯正歯科では矯正器具による治療の提案が多く、ブラケット矯正やマウスピース矯正が一般的です。医師と相談をしながら治療法を決めていきます。

口元

矯正歯科で治療を完了すればメリットたくさん

歯並びが良くなるだけでなく、歯以外にも頭や顎などのバランスが良くなり、全身の血液循環が整うことで健康状態へと近づけることができます。矯正歯科で治療をすれば全身の健康にも影響すると考えて良いでしょう。また免疫力を高めて病気になりにくい身体にすることができます。

歯

透明な矯正器具も登場している

北九州の矯正歯科だけに限らず他の歯科医院では透明な矯正器具を取り入れているところもあります。透明な矯正器具なら口を大きく開けても矯正装置を使っていることが分かりにくいため、安心して使用することができます。矯正をしていることを知られたくない人にはオススメの治療法の一つです。

矯正歯科で治療をする際に注意すべき4つを紹介

歯型

歯茎などにダメージを与える可能性がある

大人の歯は固定されていることから、無理やり位置をずらそうとすると痛みがあるとともに歯茎にダメージを与える可能性が高いため、注意が必要となります。歯を移動させることが困難な場合は、被せものを使うといった別の治療法を行なうことがあります。

口の中のケアは十分に行なうこと

治療をしていないときも同じことがいえますが、治療中に虫歯などの病気が起こると矯正治療を中断する必要があります。矯正器具を使った治療をするときは歯のケア不足になる可能性が高いため、しっかり口腔ケアを行なうようにしましょう。

歯の矯正を完了するまでに時間がかかる

歯の位置をずらすことは簡単なことではなく、時間をかけてゆっくりと治療を進めていく必要があります。子供の頃なら歯の矯正をしやすく短期間で歯並びを綺麗にできますが、大人の場合だと数年かかるといわれています。治療完了するまでにかなりの期間を要すると考えておきましょう。

矯正歯科の治療で痛みもある

子供の場合はまだ歯が生えきっておらず固定もされていないことから痛みを感じることは少ないですが、大人の場合は既に歯の位置が固定されているため、矯正器具を使って治療をすると痛みを感じることもあるといわれています。そのため治療をする際には痛みがあるかもしれないことを認識しておく必要があります。

広告募集中